侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBC2009サンディエゴR キューバ戦 ニッカン 2009年3月20日】

f:id:wataridori73:20240206074227j:image

 

アロー。

平成21年3月20日の日刊スポーツ。

前回に引き続きの2次ラウンドのキューバ戦。前日の、この大会では3戦目となる韓国戦で敗戦した侍ジャパンは敗者復活戦にまわった。

なのでこのキューバ戦は、負けたら終わりの大一番となったのである。



f:id:wataridori73:20240206060020j:image

崖っぷちの侍ジャパンの先発は岩隈久志。

前年は、北京五輪日本代表落選の悔しさをバネに21勝4敗という凄まじい成績を残して、文句なしで侍ジャパンに選出。先発3本柱に名を連ねた。

 


f:id:wataridori73:20240206060030j:image

5回の追加点のチャンスにバント失敗のイチロー、心が折れかけたが、つづく中島、青木で得点をあげた。このチームの強さは何もかもがイチロー頼みではないところだろう。

 


f:id:wataridori73:20240206060039j:image

この日は霧がたちこめる、幻想的な雰囲気で試合は進んだ。負けたら終わりの状況で、夜霧に包まれてマウンドに立つ岩隈久志は最高にカッコよかった。

その霧を味方にして、4回に小笠原のセンターフライがセスペデスのエラーを誘い先取点を奪ったのである。

それにしても「夜霧よ今夜もありが」という、炸裂する昭和センス。15年前とはいえ、まあそれがスポーツ新聞というものなのだが。