侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

20200725200428

【第18回アジア野球選手権大会プログラム】

BFAアジア野球選手権1995 兼アトランタ五輪アジア地区予選プログラム

くたばれコロナ!とりあえず小さくたって大きな声で叫ばなければ気がすまぬ。昨日も今日も。

 

さて、侍ジャパン、すなわち野球日本代表が出場した国際大会の公式プログラムを紹介するシリーズである。そんなに長くはつづかないし、お宝だな、貴重だなと思えるプログラムは早くもこれが最後である。次回以降は小物ばかりである。でも泣き言はいわない。現実は大きくて堅い。

今回は1995年アジア野球選手権・兼アトランタ五輪アジア地区予選のプログラムである。1995年は色んなことが起きた年だ。日本という国家を、1995年以前/以降、と区切ることもあるくらいだ。暮らす世間ではそんな実感はないのだが。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223901j:image

野球の大会のプログラムだな、というデザインに進化した。進化したといっていいのか。実に散文的だが、こんなものだろう。思えば昔の日本シリーズのプログラムもこんな感じが多かった。むしろ前回のデザインが秀逸すぎたのだ。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223911j:image

今回は日本、台湾、韓国、中国、フィリピン、タイが参加。オーストリアらオセアニア勢はアフリカの組に参加するようになった。オーストリアを苦手としていた日本にとっては救われた形であるが後に本選で痛い目にあう。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223917j:image

ここは今岡誠に熱視線である。プロ入り前はずいぶんと顔が違うなと思ったのだが。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223930j:image

こっちの高山健一が今岡だろ!というミステイクを発見。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223939j:image

韓国代表である。前回の台湾代表につづき、会社役員一覧、みたいな感じである。とてもアスリートに見えないのだ。もう少しどうにかならなかったのか。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223946j:image

使用球場はマスカット・スタジアム倉敷市営球場である。前回に較べて一気に地味になってしまったのは岡山大会だからである。

 

 


f:id:wataridori73:20200901223954j:image

侍ジャパン、大会とはなんの関係もないが、若いな、と思って。いや、関係なくもない。侍ジャパン周辺をウロウロしてるね。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!でも、がんばらない!怠けないこと!

そんな感じで。